オーバーホールの重要性〜オメガの腕時計を長く愛用する方法〜

高級時計を使用するには修理・メンテナンスが重要

ロレックスなどの高級時計は修理やメンテナンスを行うことで長く使うことが出来ます。ですから、オーバーホールをしてもらって長持ちさせましょう。

オーバーホールは専門業者に依頼しよう!オメガの腕時計のケア方法

腕時計

憧れの高級時計を手に入れたら…

ロレックスなどの高級時計を手に入れたら、日々のメンテナンスに力を入れましょう。日々のメンテナンスをしっかりと行うことで、外観をキレイに保つことが出来ますしサビなども防げます。これを怠ると汚いだけではなく、内部へのダメージにも繋がっていきます。

ウォッチ

やっておきたい修理方法

日々のケアとしてはクロスなどを使用して汚れを落とすというものがありますが、意外と見落としがちなのがリューズを動かすということです。電波ソーラーモデルだとあまり動かす機会がない部分ですが、これを動かすことによって潤滑油が広まり汚れの付着やサビを防ぎます。逆にここに異常を感じたら本格的な修理が必要となります。

腕時計

おすすめの高級時計修理店の特徴

オーバーホールをしてもらう目的などで高級時計修理店を選ぶ際のポイントとしては、時計修理技能士の資格所有者がいるかどうかはわかりやすいポイントになります。また、ロレックス専門など特化しているお店を知っておくのも大切です。そういった専門店では正規のお店でもないパーツがある場合もあります。

高級時計でよく発生する5つの故障例

ウォッチ

スマートフォンや電子レンジで故障

気が付かない間に起きている故障として磁気帯びというものがあります。スマートフォンや電子レンジなど身近な磁気を発生しているもののそばに時計を放置しておくことで帯磁してしまい正確に動かなくなってしまうというものです。

防水を過信しすぎて水洗いしてしまった

最近の時計はある程度の防止性能を備えているものが多いです。しかし、いくら防水だからといっても水に浸すのはリスクを高める行為です。特に流水で洗ってしまうと、局所的に気圧が高まり浸水してしまうことがあります。

カレンダーを操作することで故障

カレンダー機能が付いている時計でカレンダーを操作すると故障してしまうことがあります。夜の20時から翌朝の4時までは日付変更準備を行っているので無理に変更してしまうと歯車が欠けるなどが生じてしまいます。

ゼンマイを巻き上げても手応えがなくなる

手でゼンマイを巻き上げても手応えがなく、時計が動かないという時はゼンマイが切れていることが考えられます。巻き止まり以上に巻き上げてしまったり、金属疲労により切れてしまうのです。

ぶつけてしまうなど衝撃によるもの

落としたりぶつけてしまうとその衝撃によって外装の傷や破損が生じるだけでなく、ゼンマイが外れてしまったり天真が折れてしまうことがあります。テニスやゴルフなど腕に強い力がかかるスポーツは高いリスクになります。

アンティークモデルの修理はどうする?

アンティークモデルの修理は正規店でも難しいことがあるので、専門店に依頼した方が修理できる可能性は高いです。

知っておこう!ロレックスとオメガの違い

ロレックスの特徴

ロレックスはベーシックなデザインが多く、値崩れしにくいのが特徴です。自動巻き機構やデイトジャストなど実用性の高さが人気です。

オメガの特徴

オメガはロレックスよりも歴史は古いですが、外装デザインに個性的なものが多いです。また、ロレックスよりもコスパの良い商品が多いです。

[PR]
オメガをオーバーホールして新品同然に!
無料相談窓口も利用可能☆

広告募集中